FC2ブログ


食物アレルギー症状 大人 子ども 赤ちゃん
食物アレルギーの症状で色々調べrながら投稿しています。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

ayu2013hk

Author:ayu2013hk
ゲームを楽しみながらも、
ネットビジネスを加速させています。
そんな矛盾あるでしょうか?
私のビジネスコンセプトでは、
可能です。
是非、ブログでその秘密を
ご覧ください。

プレゼント実施中!

アフィリエイト記事を
0.1秒で量産する方法
プレゼントお受け取りは

こちら

私の実践サイト

お問い合わせフォーム

応援よろしく
お願いします

にほんブログ村

ブロトピ

寒天を使ったレシピ 1
寒天を水でふやかして、
加熱して溶かします。

1.砂糖で味をつける。

砂糖を加えて、ほのかに甘味を付けます。

加熱が終わって、さます時に、

1.お好みのフルーツ

2.コーンフレーク

3.さつま芋やかぼちゃなどを茹でたもの

4.はちみつ甘い系の梅干し

などを加えます。

今回は、スイーツのゼリーを作るのですが、
アレルギーで対象となる食品はさけて、

摂取可能な中で、甘味があるものを選んで加えます。

コーンフレークは、とうもろこしのミールを
水で練って、加熱して圧縮しているので、
とうもろこしは、アレルギー対象食品には
あまり出てこないと思いました。

さつま芋やかぼちゃは、もともと甘味のある野菜で、
形を工夫して、切ってから ゆでて柔らかくすることで、
ゼリーにあうかな? と思いました。

梅干しも、調べているうちに、
アレルギー対応としてでることはなかったので、
紀州南高梅など、酸味よりも、甘味のあるものを選んで
果肉を潰して 加えることで、
すっぱい・甘い デザートになると思いました。


好きなアイテムを加えたら、
カップに流し込んで、冷蔵庫で冷やします。


器など工夫してお客様と一緒に
デザートが楽しめると思いました。


寒天をとかした時、 塩・こしょうであじつけして

やはり、好きなアイテムを加えて冷やすと

冷製スープが作れます。

洋風のお夕飯にしたい時、
小さめのグラスで冷やしてそのままテーブルに
出すと、

ちょっとお洒落な前妻にもなりますし、

パプリカや、ピーマンで彩りを添えると
お子様も喜ぶと思います。


このブログを始めてからいろいろわかったことですが、

これからも、アレルギーでも楽しいと思えるレシピを
投稿したいと思います。



スポンサーサイト



スポンサーリンク

レシピ | コメント:0
[ 2019/07/03(水) 20:24 ]

ゼラチンと寒天
ゼラチンは、
動物の骨や皮に多く含まれる
コラーゲンというたんぱく質から
作られたものです。

ゼラチンの主成分は、
コラーゲン由来のたんぱく質で、
全体の86%以上を占めています。

それ以外は水分(約12%)、灰分となっています。

ゼラチンは、必要分量を水でふやかした後、
90度に加熱して、冷やすことで、
水分類を固形化できます。


ゼラチンは、
ゼリー、ババロア、マシュマロ、
グミゼリー、打錠菓子、ヨーグルト、
アイスクリーム などの スイーツに良く使われます。

加熱する時点で、甘味系以外の味付けをすることで、
惣菜や、スープにも応用できます。


寒天は、
テングサ、オゴノリなどの海藻類の
粘液質を抽出して、凝縮・乾燥したものです。

ゼラチンと同じ方法で水に溶かし、
加熱して冷ますことで、水分を固形化することができます。

中国の杏仁豆腐や、こんにゃく、
ところてんなどが作れます。


特に、寒天を利用するといろいろな
レシピが作れると思います。

寒天を使ったレシピなど、
次回 投稿したいと思います。


スポンサーリンク

レシピ | コメント:0
[ 2019/07/03(水) 20:06 ]

copyright © 2019 食物アレルギー症状 大人 子ども 赤ちゃん all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


.posi { margin:5px 0px 20px 5px; } .posi { margin:5px 0px 20px 5px; }