FC2ブログ


食物アレルギー症状 大人 子ども 赤ちゃん
食物アレルギーの症状で色々調べrながら投稿しています。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

ayu2013hk

Author:ayu2013hk
ゲームを楽しみながらも、
ネットビジネスを加速させています。
そんな矛盾あるでしょうか?
私のビジネスコンセプトでは、
可能です。
是非、ブログでその秘密を
ご覧ください。

プレゼント実施中!

アフィリエイト記事を
0.1秒で量産する方法
プレゼントお受け取りは

こちら

私の実践サイト

お問い合わせフォーム

応援よろしく
お願いします

にほんブログ村

ブロトピ

猫とアレルギー
生後 7か月の乳幼児が
猫に触れたさい、
顔にアレルギー反応が出てしまいました。

こういう時は
あきらかに、アレルギーを疑うべきですね。

係りつけの小児科医に
相談するといいらしいです。

乳幼児は、生誕してから、
母乳で育つ間に、
小児科内科、アレルギー科で
血液検査を行い、
米、大豆、豚肉、牛肉、
乳、落花生、卵、鮭、海老などの
食品で、どの程度の反応があるか
検査を行ったほうが安全です。

もし、牛乳で反応があれば、
母乳は命に危険があるし、
離乳食でいろいろ食べさせてあげたいけど、
どの食品に食物アレルギーがでるか
わからないので、
新生児検診のときに受けるのが
ベストみたいです。

うっかり口にして、
症状がでる場合と
反応のクラスが4や5でも、
接種しても異常がないと
いうこともあるにたいです。

クラス4の食材だと
約2年間は完全除去。
1年半かけて、自宅負荷により、
50% は摂取可能になるというデータはあります。

離乳食が始まるころに、
検査ででた クラスの数値と
実際に接種してアレルギーがでたもの、
でなかったもの、などを
小児科の医師を相談しつつ、
お子様を大切に育ててください。










スポンサーサイト




スポンサーリンク

スポンサーリンク

食物アレルギー | コメント:0
[ 2019/04/15(月) 20:54 ]

<<お助けアイテム | ホーム | ケーキ オムライス アンパンマン>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

copyright © 2019 食物アレルギー症状 大人 子ども 赤ちゃん all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


.posi { margin:5px 0px 20px 5px; } .posi { margin:5px 0px 20px 5px; }