FC2ブログ


食物アレルギー症状 大人 子ども 赤ちゃん
食物アレルギーの症状で色々調べrながら投稿しています。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

ayu2013hk

Author:ayu2013hk
ゲームを楽しみながらも、
ネットビジネスを加速させています。
そんな矛盾あるでしょうか?
私のビジネスコンセプトでは、
可能です。
是非、ブログでその秘密を
ご覧ください。

プレゼント実施中!

アフィリエイト記事を
0.1秒で量産する方法
プレゼントお受け取りは

こちら

私の実践サイト

お問い合わせフォーム

応援よろしく
お願いします

にほんブログ村

ブロトピ

夏休みの予定?
小さいお子様のいる方も、
小学生のお子様のいる方も、
中学生、高校生、大学生のお子様のいる方も

社会人の方も

今年の夏は 沖縄へ行きませんか?

沖縄ツーリスト(OTS、東良和会長)は、
食物アレルギー対応の個人型旅行
「安心フリープラン」を提供している。

食物アレルギーに対応したホテル3カ所、
飲食施設3カ所から選ぶことができ、
各施設の料理は一般社団法人の
アレルギー対応沖縄サポートデスク(南風原町)と共同開発した。

これまでは修学旅行など団体向けの企画のみだったが、
アレルギーを持つ旅行者の選択肢を増やそうと、
個人型旅行でも定番化を目指す。

食物アレルギーを持つ児童や学生の修学旅行のために、
創意工夫してきた、 沖縄ツーリストが、
アレルギーを持つ旅行者、家族の旅行の選択しを増やすとして、
個人型旅行プランを発表したそうです。

プランに含まれるものは、往復の航空券と
夜・朝2食つきの宿泊施設。
昼ご飯は、各地の観光施設でメニューが選べる。

各施設の料理は、アレルギーを引き起こす原因となる
主要10品目が不使用のため、
食物アレルギー疾患者の95%に対応できる。

おきなわポークビレッジ(読谷村)では、
アレルギーフリーの焼き肉のタレを使い、
新品の網でアレルギーの原因物質が残っていないかを
気にすることなくバーベキューも楽しめる。

これらの施設以外にも20施設以上が共同開発を終えており、
今後選択肢に追加していく。

緊急時には、宿泊施設近くの病院に搬送できる体制も整えている。


「インスタグラム」のフォロワー数が12万人を超える
アレルギーナビゲーターの細川真奈さんが、
イメージキャラクターを務めている。

細川さんはプランに組まれていないアレルギー対応の
カフェをSNSで紹介するなど、
沖縄を訪れる旅行者の選択肢を増やしている。


以前、こちらのブログでお子様が食物アレルギーを持つから
旅行にいけない と悩んでいるかたの投稿を読みました。

その時、私は

「楽しい思い出を作ってあげたいのに、
それも出来ない。」

という一言に胸を突き刺されました。

それでも、その子が旅行できるように
その時は、自炊つき宿泊施設を探しましたが・・。

修学旅行のメッカとして有名な沖縄が
アレルギーについて、深く研究していて、
個人・家族単位でも、安心して滞在できるという
プランを発表してくれました。

沖縄は、首里城が美しいし、景色もいい。
海がすごく綺麗で、
夏休みの0旅行にはぴったりだと思います。

発症がこわくて、今までどこにも旅行にいけなかった人は
これから、沖縄へ行きましょう。

なお、修学旅行のメッカといえば、
京都
北海道
東京
日光

などいくつかあります。

今後、こういった各地の旅行会社から

アレルギー対応できる個人旅行プランが
発表されると嬉しいですね。

スポンサーサイト




スポンサーリンク

スポンサーリンク

食物アレルギー | コメント:0
[ 2019/06/13(木) 15:56 ]

<<スイーツの楽園を堪能? | ホーム | ピザといえばnピザ?>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

copyright © 2019 食物アレルギー症状 大人 子ども 赤ちゃん all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


.posi { margin:5px 0px 20px 5px; } .posi { margin:5px 0px 20px 5px; }